ナナン

ナナの声をきく者 ナナの目でみる者とは?新しい神話が紡がれる――    〜2006/10/5〜11/23*全50話〜

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< マリさん | main | 熱田の宮 >>

のぼの陵

 わたしたちはまだ昼前の時刻だったが名古屋方面に向けて伊勢を立った。
 在来線で亀山というところに向かう。
 そこはヤマトタケルのために海に身を投げて海の神の怒りを鎮めたというオトタチバナヒメの地元であり、ヤマトタケルが亡くなったといわれている能褒野(のぼの)の地に近かった。
 駅からはタクシーに乗る。
「能褒野神社の鳥居を一の鳥居から順番にくぐりながら神社に行きたいんですが・・。」
「ああ、そうね。ほんとはその方がいいんだよね。一の鳥居はくぐれないようになってるけどなるべくそうした道のりで行きましょうか。」
 運転手はそういって幹線道路でない本来の参道に近い道を選んで行ってくれた。
 駅からは距離があるが、駅前のロータリーの植え込みの中にすでに能褒野神社の一の鳥居がある。だれもくぐることは出来ないようになっている。この町のシンボル的役割に今は変化している。
 
 しばらくいくとやがて一面に田んぼがひろがってきて、河川敷きの向こうに島のように見える緑のかたまりが見えて来た。
「あそこです。神社の下が公園のようになってて、その奥へまわりこんだところが御陵の入り口になってますから。それじゃ、あっちで待ってますね。」
 そう親切に説明してわたしたちを降ろすとタクシーは駐車場の方へとUターンしていった。
 わたしたちは目の前のゆるやかな勾配の階段を見た。
 その初めの段に浮浪者のような男性が酔っぱらったようにもたれかかって目をつぶっている。その横をそっと通り過ぎてわたしたちはゆっくりと登っていった。
 こじんまりとした味わい深い鳥居があり、しめ縄が風にそよいでいた。
 わたしはその第一印象にほっとした。小さくても大事にされている。そんな明るい感じがする。
 うなずき合うと一礼をして質素な本殿へとまっすぐ伸びる参道をすすんでいった。
 祭神日本武尊命。宮内庁が管理する能褒野御陵の主とされる日本武尊命をそのすぐそばにこうして祀っている。
 ふたりで揃って二礼二拍手をした。
 わたしは昨日から痛み出した右足がみるみるあたたまって痛みがやわらぐのを感じていた。
(ここに参れましたことに感謝いたします。ありがとうございます。)
 参拝を終えてまわりを見回した。
 するとかたわらに小さな鳥居があって何かを祀っているのに気がついた。
 近づくとそこには説明書きがあって、このようなことが書かれていた。
【この二本の榊の木は途中で枝が継ぎ目なくつながっており、ヤマトタケルとオトタチバナヒメが偲ばれます。】
 確かによく見るとローマ字のH状に2本の木が枝同士でつながっている。
 さらに奥へ入るとそこには石が置かれ山の神と水の神が祀られていた。
 何気なく眺めていたわたしはハッと気がついた。
「ああ・・。」
 その様子に気がついたマリさんはきいた。
「どうしたの?」
「ヤマトタケルは思い上がったばかりに海の神を怒らせてオトタチバナヒメを失い、山の神を怒らせて自分も命を失ったんです・・・。」
 それらがここにひとつに祀られていることでいっぺんにわたしのなにかが点火された。
 なにかが融けるように涙が込み上げて来て祈った。
(オトタチバナヒメすまなかった・・・そして山の神、海の神、申し訳在りませんでした・・。)
 マリさんも何かを感じたようで一緒に祈ってくれた。
 いったいなんなのだろう。まるで私自身がヤマトタケルであるかのように懺悔の涙にくれていた。
 不思議な空気だった。こころの底から許しを乞うとそこは少しきらめいた。
 かたわらのマリさんを振り返ると、慈愛に満ちた目をしてうなずいた。
 なにかがわたしの奥にある堰を切ったようだった。
 少しふるえるような切なくあたたかい想いをむねにゆっくりとそこをあとにした。
 鳥居を出ると運転手さんの言ったように少し低くなったところに猫の額ほどの公園のようなしつらえがある。そこからさらに看板もない細い道を行くと、不安になる頃に御陵の入り口があった。聞いていなければ分からなかった。
 まだ涙の感覚のままその柵の前まで行くと、わたしはのどの乾きを覚えた。
 ちょうどペットボトルに入ったミネラルウオーターを持っていたので、わたしはおもむろにかばんを探った。
 そして、参拝する前にその水を御陵の柵の中の敷地にまいた。
 祈った。
(闘いに明け暮れた人生をありがとう。どうか今は安らかに。もう闘わなくてもいいのです。わたしが目になりましょう。わたしとともに山や川や美しい花を見ましょう。)
 マリさんも念入りに祈りを捧げていた。
 それを終えてわたしの方を見るとマリさんは言った。
「あなたの目は今とても澄んでいるわ。」
 帰り道をたどった。ゆるやかな階段の下にさっきの男性がいたが、気にせず通り過ぎようとした。すると後ろで大声がした。
「こんにちは!」
 なんのことかわからずわたしたちは振り返った。
 また大きな声で彼は叫んだ。
「こんにちは!!」
「?・・こんにちは・・。」
 と思わず答えてそのまま振り返らずに駐車場の方へと歩いた。
 はてなという顔をしてマリさんの顔を見る。
 くっくっくと笑いをこらえる顔のマリさんは見返した。
「返事があったわね。」
「え?」
「ようこそいらっしゃいました、と。返事をくれたわね。」
「えっ!?そういうこと?」
 あきれたようにわたしは思わず立ち止まった。
「そういうこと。」
 そういってマリさんは愉快そうにスキップでもしそうないきおいでタクシーに向かって大股で歩いていった。
 
 帰りは名古屋に近い別の駅に送ってもらうと、わたしたちはその無人駅で一息ついた。
 そこの自動販売機で冷えたウーロン茶の缶を買うと、それを開けて一気に半分ほど飲み干してマリさんは汗をぬぐった。
 わたしも残ったミネラルウオーターをぐっと空けてのどをうるおした。
「・・ナナさん、ヤマトタケルとつながりがあるのかしらね。」
「つながりって?」
「たましいのグループっていうか。それの総大将みたいなものじゃないの?ヤマトタケルって。」
「グループ?」
 とつぶやいてなにかがまたたいた。あっと思った。
「そういえば、スナイがわたしのたましいのグループはスサナで空ゆく舟だと言っていた・・。」
「うん。」
「ヤマトタケルは最後は白い鳥となって飛んでいったという伝説になっている・・。」
「なーるほど?」
 と言ってまだ気がつかないかといわんばかりにいたずらっぽくマリさんはこっちを見た。
(そうだったのか・・。)
 わたしは名古屋行きの電車の中で氷解するような想いに打たれていた。

「それにしても、なぜ今ヤマトタケルの足跡を追い出したのかしら?」
「追っていけば分かるわよ。」
 スナイのようなことを言う。それも単純明快に。
 わたしはすっかりマリさんが気に入っていた。
「まだきいてなかったけど、どこに住んでるんですか?」
「わたし?わたしは山梨県の白州というところ。ここにもヤマトタケルの伝承はあるのよ。神社もある。八ヶ岳が望める南アルプスの麓。っていっても東京まで2時間半で行けるけどね。」
「仕事は地元で?」
「仕事場は甲府。でも週に1回は新宿のクリニックまで出張してる。」
「それじゃまた会えますね。」
「ナナさんはどこなの?」
「わたしは千葉県の成田空港の近くです。東京におそらく一番近い村。印旛村っていうところ。そこから東京の大学まで通勤してます。」
「成田の近くにもヤマトタケルのゆかりの麻賀多神社っていうのがあるわよ。一度行ってみるといいかも。」
「そうですか。よく知ってますね。へえ。」
Story | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする