ナナン

ナナの声をきく者 ナナの目でみる者とは?新しい神話が紡がれる――    〜2006/10/5〜11/23*全50話〜

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< あとがき | main | ライト・ゲート連載開始! >>

『ライト・ゲート』予告

JUGEMテーマ:アート・デザイン


7月25日<時間をはずした日>より連載スタート!

『 Light gate〜ライト・ゲート〜』 

その男はコヨーテのような胸の内を抱いて月夜の惑星を歩んでいる。
果てしなき遥か永劫のかなたから
エナタン・ソダーバーグはそうであったように感じている。
はかり知れぬほどの切なき暗闇。
コヨーテはそれが哀しくて吠えるのか。哭くのか。

時折、無性に破壊してしまいたくなる。
自分に触れるものを。自分を愛そうとする者を。
そればかりか自分自身さえも。
自らのその衝動の源に未だ心当たりがない。
まるで月も凍るような深夜のような胸中とは
いったいどこからやって来ているのか?

エナタンは行き詰まりの果てにこの世界から旅立った。
荒涼とした風景のそこで出会ったのは
案内人と称する山羊のような蹄を持つ男だった。
ホロンと名乗るその男は12の門を案内する。
地獄のようでもあるそれらの門をくぐりながら
エナタンはついに自らの切なき暗闇の根源と出会う。
ホロンは言う。
12番目の門の向こうに
エナタンがほんとうに望んでいたものがあると。
いくつもの門の果てにエナタンが辿り着いた「光の門」とは?


約35日間の連載です。
アドレスは当日お知らせします。

お知らせ | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする